fc2ブログ
2016.11.23

第23回「ヨクナール・ミーティング」に参加して

 21日(月)、22日(火)を休診にさせていただき、20日(日)~22日(火)の3日間、湘南国際村センターで、
第23回「ヨクナール・ミーティング」(歯科の勉強会)に参加してきました、なえぼ駅前歯科院長の大村です。

この「ヨクナール」というのは、フランスの精神科医、エミールクーエの「自己暗示」という著作中の
「日々に、あらゆる面で、私はますます良くなっていく(ヨクナール)」という暗示の言葉から取っています。

この勉強会は私がまだ勤務医時代の1994年(今から22年前)、洞爺湖エイペックスにて第1回が行われ、
その後、北海道、東京、長野(愛知)で2年ごとに持ち回りで、途切れることなく毎年開催されています。
これまで北海道では小樽、美瑛、富良野において開催されており、昨年富良野で開催された時の様子は
この「なえぼほのぼのブログ」でもお伝えしました。

朝9:00から夜は12:00過ぎまでずっと勉強会なのですが(^^;、2日目の午後だけはレクリエーションがあり、
今回は貸切バスで鎌倉駅に行き、そこから江ノ電に乗って由比ガ浜へ。由比ガ浜から歩いて長谷寺へ行き、
更に歩いて大仏を見学した後、お迎えバスに乗車して鶴岡八幡宮で下車。そこで1時間程自由行動となり、
夕方バスで湘南国際センターまで戻るというスケジュールでした。

あいにく天気が悪く、長谷寺で雨が降ってきたため、急遽バスに乗車し、大仏はスルーして鶴岡八幡宮
となりました。自由時間は小町通りでお土産を買い、八幡さまにお参りしました。
私の先祖のお墓が「鎌倉霊園」にあるためこの辺は幾度となく行ってはいるのですが、かれこれ8年ぶり
くらいでしたので、翌日勉強会終了後に午後からお墓参りを済ませ、天気が良かったので(日中は20℃を
超える暖かさでした)あらためて大仏を見てきました(*´∀`*)

今回、ヨクナール・ミーティングのメインテーマは「歯科医療は生活に出会えたか」でした。
他には「ブラキシズムとペリオ」「歯科技工士と歯科医師とのコミュニケーション」というセッションもあり、
多くの歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の発表がありました。

さて、皆さんはどこか体の調子が悪くなってお医者さんにかかった時、検査を行い、診査、診断をして
もらった後は、その病気に対して薬が処方されると思います。しかしながら病気になった根本的な原因に
おいて、例えばその患者さんの生活習慣やストレス、食生活などが関与していると想像される場合でも、
患者さんの生活に関わる具体的なアドバイスはほとんどなく、そのことに深く踏み込んだアプローチ、
患者さんと共に根本的な解決の糸口を探り支援してくれる医師(医院)はほとんどないのではないでしょうか。

歯科においても同様で、口腔内、歯が大きく損なわれている患者さんというのは、どこかに治療技術だけでは
対応しきれないその患者さん特有の問題点が隠されていることが往々にしてあります。
そのため単に歯を治療するというアプローチだけではなく、もっと多角的なアプローチをしなければ、
いったん獲得したと思われた口腔健康も再び時間の経過と共に崩れ、結果更に歯を失うことになります。

その原因は見立てのしっかりしている歯科医師であれば概ね想像はつくものですが、実際に実行するのは
患者さん自身ということも多く、医療面接を通してまずは患者さんにそのことに気づいてもらう、そして良くしたい
という気持ちを持ってもらい、我々医療側が支援を行っていくというプロセスが必要になります。

口は食事の入口であり、体はその人の食事で作られています。即ち、食事は体の健康を大きく左右します。
例えば、食生活指導を通じて患者さんの生活に関わることで、また生活習慣、生活背景における原因についても、
患者さんとのコミュニケーションを図り相互理解を深めることで、歯科は患者さんの口腔健康だけでなく、肉体的、
精神的な全身の健康においても貢献できると思います。

昨今の歯科界においては、低評価でルール上の縛りが多い歯科保険制度の中、保険診療で実際どこまで
対応できるのかという大きな問題がある一方、自費、自由診療においては短期的に患者満足度の高い審美、
インプラントなどの技術偏重傾向があると感じています。

今回、「歯科医療が患者さんの生活に届きますように」という医療側の思い、また不条理な歯科保険制度の中
困難なことが多くても、「私たちは自分の持ち場で患者さんに本当に必要なことを諦めずに続けていくことが
大切である」ということを改めて思い出させてくれた勉強会でした。

明日からはまた診療が始まります。患者さんと真摯に向き合いながら患者さんの健康を願い、歯科医師として
貢献できることを精一杯頑張っていこうと思います。

 鎌倉大仏


スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://naebohonobono.blog.fc2.com/tb.php/96-867b0d29
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する