FC2ブログ
2011.11.24

広島にて-学会参加+広島市内、岩国、宮島訪問- Part3

 ようやく札幌も雪が降り、寒さが増してきた今日この頃です。
今年も残すところあと1ヵ月足らず、皆様、お風邪など召されていませんか?
なえぼ駅前歯科の大村です。

 本日、“ 広島にて Part3 ”広島市外編~岩国、宮島~をお話しさせていただきます。
岩国は日本三名橋である「錦帯橋」が有名ですが、広島駅からJRで50分、岩国駅から
バスで10分足らずで行くことができます。

あいにくのでしたが、岩国駅からの市営バスがまずユニ~ク でした
漫画家弘兼憲史の「島耕作」一色のギャラリーバスだったのです!
現在もビッグコミックオリジナルで「黄昏流星群」を連載中ですが、
岩国のご出身だったのですね。

ギャラリーバス車内

ギャラリーバス車内
車内一面、弘兼憲史の世界です!

 そうこうしているうちに早くも目的地に到着。ところで岩国の錦帯橋ですが、日光の神橋、
甲府の猿橋と並ぶ日本の三名橋であり、錦川に架かる五連の優美な曲線を描く木造アーチ橋です。

錦帯橋
 雨の錦帯橋(全長 193.3m)

 1673年(延宝元年)、第3代岩国藩主吉川広嘉(きっかわひろよし)により架橋され
ましたが、翌年の1674年(延宝2年)、洪水によって流失してしまいました。
同年、橋台の敷石を強化して再建したところこの改良が功を奏し、その後は1950年、
台風による洪水で流出するまで(1953年に再々建)、250年以上流失することなく
定期的に架け替え工事が行われその姿を保ちました。

 2001~2004年に26億円をかけて約50年ぶりに橋体部分の架け替え工事が行われ、
現在に至っています。橋を渡るための入場券(大人300円)はこのような架け替え工事
費用として使われています。なお江戸時代も「橋出米」という税が徴収されていましたが、
当時橋を渡れたのは武士や一部の商人だけで、一般の人が渡れるようになるのは明治に
入ってからでした。

おそらくアユを釣られているのでしょう、釣り人の姿も見られました。
また6~8月には鵜飼を屋形船から見ることもできるようです。
京都を想わせる風情のある情景でしたが、錦帯橋を渡り終えるとその余韻に浸る暇もなく
そのまま岩国城目指してロープウェーで山頂へ!
山頂からはさらに徒歩で10分の急こう配を歩くと岩国城にようやく到着 DIMG0118.gif


岩国城
     岩国城天守閣

 1608年に第1代岩国藩主吉川広家が築城するも、1615年の一国一城令により取り壊さ
れてしまい、現在ある岩国城は1962年(昭和37年)に、錦帯橋からよく見えるようにと
旧本丸南側に「天守構造図」という絵図を元に鉄筋コンクリート構造によって建てられた
ものです。天守内には刀剣や武具甲冑類、琵琶などが展示されていました。
一国一城令以降、このような山城はほとんどなくなり、平山城、平城へと移行していきました。

 その後は急ぎ足で、バスに乗りJRにて岩国駅→宮島口へ。
25分ほど広島駅方向に戻る形になり、その後フェリーに乗船 DIMG0084.gif
いよいよ宮島です!

厳島大鳥居(フェリー船内から)
厳島神社大鳥居(フェリー船内から)
大鳥居の主柱は樹齢500~600年のクスノキの自然木で作られており、8代目にあたる
現在の鳥居(重要文化財)を建立するにあたっては、巨木探しに20年近い歳月を要したと
言われています。

 「日本三景」の一つで、神の島として平安時代に隆盛を極めた平清盛にゆかりの深い
地であり、また世界遺産にも指定されている厳島神社は、推古天皇が即位した6世紀に創建、
平安時代に平清盛によって現在の姿に整えられました。幾度かの災害により建て替えられては
いますが、平安時代の面影を十分に残し荘厳な趣を感じました。
平家の栄華が作り出した神の島、夢の都、厳島。何とロマンティックなことか。
思わず900年前、この地に確かにいたであろう平清盛に思いを馳せてしまいました。

水に浮かぶ厳島神社社殿
水に浮かぶ厳島神社社殿(国宝)

厳島神社能舞台
     厳島神社能舞台
国内でも唯一の海に浮かぶ能舞台であり、現在重要文化財に指定されている国内5つの
能舞台のうちの1つ。厳島での演能は、永禄11年(1568年)の観世太夫の来演がその始まり
とされています。

 拝殿にて参拝し、家族の健康を祈願してきました 
免許を取って1年の娘と来年大学受験を控えた息子二人にお守りを
そして私自身はおみくじを・・・、平でした
きっと精進次第、人間を磨きなさい!ということですね。

 時間があって天気も良ければ、もう少しゆっくりしたかった宮島でしたが、
とりあえず学会参加の合間としては、最大限いろいろ見ることができた貴重な3日間
でした。と同時に、こうやって学会参加している今の自分の状況を、慈昂会の皆さんや
現スタッフにあらためて感謝した3日間でした
















 
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naebohonobono.blog.fc2.com/tb.php/23-2e50a7f7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する