fc2ブログ
2018.01.07

HP掲載症例Part3 : 重度歯周病患者 Mさん(治療例7)の初診から15年後の現在

 今日の札幌は天気も良く絶好のスキー日和ですが、ただ今病院で仕事の最中です(笑)。
皆様いかがお過ごしでしょうか、なえぼ駅前歯科の大村です。
6日(土)から一応三連休なのですが、今日は朝から毎年企業健診にきていただいているM社の企業健診
結果を作成していました。先ほど郵送し無事完了、今度はブログを書き始めています。

年末、年始、普段あまり動かしていなかった腰、肩の筋肉を酷使したため、腰、肩に張りと痛みを生じて
しまい、昨日は豊平にあるステラはり・灸整骨院さんに行きました。電気、針、マッサージを1時間ほど
受けて重かった腰がだいぶ軽くなりましたが、もう少し加療が必要とのことでしばらく治療を継続する予定です。
年末多忙でランニングもほとんどできていなかったので、あまり負担を掛け過ぎないよう注意しながら、
このブログを書き終えたら走り(歩きかな?)に行こうと思っています。

本日は昨年8月から継続している、当院HPの重度歯周病治療例(治療例1,2,7)の最後、Mさん(治療例7)
の初診から15年後の現在をお話させていただきます。
Mさんが当院にお見えになられたのは、平成15年4月ですので、もうすぐ15年になります。
当院で治療を終えメインテナンスされていた奥様のご紹介でした。

平成5年に全顎治療を行い、不定期ではあるものの検診を10年間行っていたかかりつけの歯科医院で、
右上ブリッジを1ヵ月前に装着したとのこと。その際、「今度ここにトラブルがあったら、この歯は抜歯になります」と
言われたそうです。その右上奥が一昨日からしみて全く噛めなくなったとのことでした。

検診を継続していたので、自分の歯の健康は維持されているものと思っていたのにそうではなかった。
10年間検診をしていたのは、単に歯石を取ったり、歯をクリー二ングしていただけだったのかとその時初めて
悟ったそうです。

奥様に比べるとブラッシング時間も短く、晩酌した後はそのまま寝てしまうことも多いとおっしゃられていました。
これが初診時の奥歯の状態です。

初診時

ほとんどすべての歯、特に奥歯は10本くらいがかなり重症で、このままでは歯が次々となくなってしまうことが
容易に想像される口腔内の状態でした。2年後、治療終了時の同部位です。

治療終了時

歯周病治療の結果、すべての歯を保存することができ(部分的な抜根あり)、さらに根の周りの骨が平らに
回復しているのがわかるかと思います。Mさんの歯周病治療は、歯の自然移動をうまく利用し、歯周外科処置を
1ヵ所も行うことなく治癒、安定させることができました。

また左下の一番奥(向かって右下の一番奥)の歯は、歯ぐきの処置中に支えの骨が極端に少ないためグラグラで
抜けてしまい、しかしながらこの歯を抜歯してしまうと手前の半分だけの根もダメになってしまうと考え、保存を試み
エムドゲインを使った再生再植を行いました。
初診から14年後、平成29年の状態です。

平成29年現在の状態

      初診から14年後(平成29年)の状態

一か所の再治療なく(当然1本の抜歯もなく)、15年近く現状を維持しています。歯ぐきの治療中に抜けて
再生再植を行った左下奥は正直保存も難しいと思っていましたが、こうやって長期に観察してみますと、
想像以上に長く持っているのがわかると思います。

ところでMさんは治療終了時からブラッシング上手でピカピカの歯ぐきであったかと言うと実はそうでもなく(笑)、
最初はブラッシングにも波があり、いつか進行してしまうのではないかと正直ヒヤヒヤしていました。
しかしながら波がありながらも3ヵ月のメインテナンスを継続された結果、3年、5年とトラブルなく経過したことで
ご自身の口腔健康に対するモチベーションも上がり、現在では多少のプラークではびくともしない、磨きこまれた
硬い歯ぐきへと変化しています。

 初診から14年後の現在

               平成29年現在の口腔内

初診時62才であったMさんも現在77才となりました。80才までまだ3年あるのですが、できるだけ長く
現状を維持していただき、ご自身の歯でしっかりと何でもおいしく食べることのできる健康な80才を迎えて
いただきたいと願っています 

ただ今奥様と沖縄にご旅行中で、暖かい沖縄を満喫しますます健康に磨きがかかっていることと思いますが、
口腔健康を通してMさんの幸せにささやかながら貢献できていることを大変嬉しく思っている次第です。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://naebohonobono.blog.fc2.com/tb.php/106-0a10b3bb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する