--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.12.19

歯根破折を主訴に来院された患者さんに対し、矯正治療で対応したケース

 今日は晴れの良い天気ですね。
すっかり根雪になってしまった札幌ですが、年も押し迫り皆様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか、なえぼ駅前歯科の大村です。

昨日は日本臨床歯周病学会の理事会と選挙があり、前日土曜日から東京でした。
土曜日は13時過ぎまで南区の歯科医院さんでインプラントのオペを行い、
そのまま急ぎ車で千歳に向かったのですが、12月この時期の土曜日、
三井アウトレットモールの近くは大渋滞(OД○;)ナァ~ニィィ?!

結局、北広島の高速インターまで1時間半近くかかってしまい(^^;、
幸い新千歳空港の駐車場で待ち時間がなかったこと、フライトは16時半でしたので
何とか間に合いましたが、冬の北海道、やっぱり車での移動は時間が読めないな~と
痛感しました。

本日は右下奥の歯が割れてぐらつくということで、西区の歯医者さんからのご紹介で
来院されたHさんのケースをお話しさせていただきます。

Hさんは苫小牧からの来院で、当初右下奥の割れている歯の治療を期待されていたと思うのですが、
レントゲンと歯周ポケットの検査から、割れの周囲の歯根膜、歯槽骨の喪失が大きく、接着保存治療
では改善が困難な状態でした(図1)。

図1

                                図1

そのため今後の治療としてブリッジは避けたいとの希望がありましたので、
1.矯正治療
2.インプラント治療  の二つの方法をご提案させていただきました。

Hさんは時間がかかっても、できるだけ自分の歯を使った治療を希望されており、割れている歯根のみを
抜歯させていただき(半分の根は保存)、矯正治療で対応することになりました。
治療期間は1年とお話しさせていただきました。

矯正治療の経過です(図2)。

図2

                                図2

写真1の✖の歯根を抜根し、もう一方の歯根をまずは奥(向かって左側)に移動させ、
(写真2の←、金属冠は白い仮歯に変わっている)、次に内側に大きく倒れている小臼歯を起こすために
ミニインプラントを植立。これをアンカー(固定源)として徐々に外側に起こしていく矯正移動を行いました。

また内側に大きく倒れていた小臼歯の上の歯は、写真3にありますように両隣接歯に比べて
挺出しており(下に出ている)、下の歯を外側に起こしてくる際にぶつかってしまうため、
併せて上の歯も少し圧下(上へ移動)させました。
矯正治療後、保存した歯根にセラミックを入れた状態が写真4で、写真1から4まで初診時に
お話ししていた通り、1年で治療終了となりました。

図3は初診時、治療終了時の口腔内写真とレントゲンです。

図3

                                  図3

矯正後の後戻りを防止するため、リテーナーを装着していただき現在メインテナンス中です(*´∀`*)

時間はかかりましたが、ご自分の歯をできるだけ残し、また矯正治療により内側に倒れて
噛み合わせに参加していなかった小臼歯をうまく利用し、右下奥の治療を終了することができました。

遠方から1年間(通院回数は20回)通ってくださったHさん、本当にお疲れ様でした。

来年雪が溶けたらあらためて今度は虫歯の治療で通院したいとのこと、遠方恐縮ですが本当に嬉しい限りです。
今後も長期に渡り口腔健康を維持できるよう、スタッフ一同しっかり対応させていただきますので、末永く
メインテナンスにご来院くださいますよう、よろしくお願いします(*´∀`*)















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。