--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.24

自由診療を終了されたTさんのお話(i-TFCファイバーコア)

  最近寒くなってきましたね。
皆様いかがお過ごしでしょうか、なえぼ駅前歯科の大村です。

7月にアップして以来、3ヶ月ぶりの更新になってしまいました 
先日の19日絶好の紅葉日和に、大学でサッカーをやっている次男の試合を
見に奈井江に行ってきました。
今月に入って頚椎ばかりか腰椎まで(ヘルニア)やってしまい、無理を押して
奈井江まで車で観戦に行ったのですが、札幌に戻ってきてからセカンドバックが
ないことに気づきました 
そう、奈井江のサッカー場に忘れてきてしまったのです 
歳のせい?仕事疲れ?本当に有り得ないことです・・・。
結局見つけた方が届けて下さり(ありがとうございました 8757043.gif
その日は奈井江町役場まで再度往復してしまいました 

話は変わりますが(笑)、9月には私が所属するPDM札幌主催で、破折歯の保存治療に
関する市民フォーラムと歯科医師向けにシンポジウムを行いました。
100名の歯科医師、スタッフの参加と賛同企業様が11社協賛して下さり大成功でした。
「北海道を破折歯接着保存治療の先進地に」という想いで、一人でも多くの患者さんの
歯を抜かずに残せるよう、また一人でも多くの歯科医師に破折歯を救う治療があることを
知ってもらえるよう、今後もこういう活動を継続していきたいと考えています。

聴講者の質問に答える私

                  聴講者の質問に答える私

明日、明後日は当学会(日本臨床歯周病学会)と北大、医療大の合同研修会が北大
歯学部大講堂で行われます。
我々歯科医師は患者さんの大切な歯、口腔健康を守るプロとして、患者さんのために
しっかり研鑽する必要があると思っています。

また来月11月には北大同窓会千歳支部の定例会に呼んでいただき、破折歯の治療に
関してお話しさせていただくことになっており、その後の懇親会と宿泊を(笑)楽しみに
しています。
いろいろ体に無理はかかっていますが  充実した日々を送っています。

秋の北大歯学部周辺

          秋の北大歯学部周辺

今日は先日治療を終了しましたTさんのお話をさせていただきます。
Tさんは札幌市内の歯科医院さんからの紹介で、交通の利便性が良く、歯周病治療など
歯科治療全般に精通した医院をということでご紹介いただきました。
動揺の大きい歯があり歯周病のご心配と全体的にも見てほしい、最善の治療を提案して
ほしいとのご希望がありました。

Tさんは60才代の女性ですが、臼歯部にはインプラントが入っており、残存歯特に
失活歯(神経を取っている歯)において根が短く、歯質も少なく脆弱な歯が何本もあり、
これから先20年以上ご自分の歯を持たせていくには非常に心許ない口腔内の現状
でした。

元々は反対咬合であったため前歯部でのガイドがないことによる小臼歯部の動揺、
歯周病の悪化。更に臼歯部は左側が5番までの咬合(短縮歯列)であるため、
右側臼歯部、特に2根しか残っていない右上大臼歯部に負担がかかってトラブルに
なることが想像されました。

すべて自由診療ではありましたが、歯周病治療に加えて下顎前歯部アライナー矯正
による被蓋の改善、失活歯にはすべて歯根破折防止を考えi-TFCファイバーコアを装着、
また一部のインプラント部を除く全顎的な冠、ブリッジの再製作を行いました。
当初はできるだけ短期間でとおっしゃられていましたが、結局1年半かけて
治療終了となりました。

*歯根が短く歯質も脆弱な右上前歯、右上奥歯、右下奥歯(レントゲン写真において
  すべて向かって左側) の特に3歯に関しては、i-TFCファイバーコアによる根充(根管充填)
  と支台築造(土台)が 一体となった根築1回法を 行っています(白い芯棒としてレントゲン
  に写っている部分)。

治療終了時 正面観
                 
                治療終了時正面観

治療終了時レントゲン写真(矢印部分が根築1回法)

              治療終了時レントゲン写真 (矢印部分が根築1回法)

時間はかかりましたが、これからの先のTさんの人生、歯に煩わされることなく見た目も自然で、
何でもおいしいものを食べることができることを願って一生懸命治療を行いました。
今後のメインテナンスの継続も非常に大切ですので、これからも末永くお付き合い下さい  



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。