--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.09.28

3.5本の歯根破折歯に対し、3本のインプラントで対応したTさんのケース

 皆様いかがお過ごしですか、なえぼ駅前歯科の大村です。
昨日は中秋の名月きれいでしたね。私は家族で室蘭に行き、室蘭温泉ゆららの露天風呂から
港の景色を眺めて一日ゆったり、のんびりと過ごしました。

ところで先週のシルバーウィークはどのように過ごされましたか (*´∀`*)。
私は家族とニセコに行ったり(ビュープラザ→ソガダイニング→ミルク工房→綺羅の湯は我が家
の定番コースです)、映画を見たり、また久しぶりにテニスもしました。
勿論ランニングもしましたが、食欲の秋、おいしいものもいっぱい食べてしまいました(^^;
しばし仕事は忘れて5日間、完全OFFで過ごしました。

しばらくブログを更新しない間にいろいろなことがありました。
8月30日(日)に行われた北海道マラソンは頚椎ヘルニアが完治せず、だましだまし練習をして
臨んだのですが、やはり夏マラソンは甘くはなく、ゴールまで残り10kmを切った32~33キロ
地点であえなくバスに収容されてしまいました。

北海道マラソン出発前(T先生と)
 
      北海道マラソンスタート前(T先生とツーショット)

しかしながら初参加でいろいろな要領は掴んだので、来年は完走できるよう再チャレンジする
つもりです。今年から2万人近い参加人数となり、私のFブロック(早い人からA →B →・・・・→F
の順にスタートとなります)は、スタートの号砲が鳴ってスタートラインに行くまでに10分近く
かかりました(*゜д゜*)。

その後もしばらくダラダラと走らざるを得ず、関門通過制限時間はそのロスタイムを計算に
入れなければならないこともわかりました。それにしても沿道の応援はすごいですね、
感激しました。また給水、氷やスイカなどの補給食も至れり尽くせりで、そのお陰で30km過ぎ
まで粘ることができました。来年に向けて今年こそは冬場のランニング、ウェイト維持をと思う
次第です(*´∀`*)

話は変わりますが、現在英国で行われているラグビーW杯において、先日、日本代表が
南アフリカ代表に劇的な逆転勝ちを収めたことは皆さんご記憶に新しいことと思います。
10年、20年前は、50点差、100点差をつけられて負けていたことを知っているだけに、
感激はひとしおです。実は私の母校である函館ラ・サール高校も4度目の挑戦(3年連続で
決勝戦敗退)で、北海道の強豪札幌山の手の16連覇を阻みついに花園への切符を
手にしました!我々の時代は函館大有斗が強く、函館支部大会では50点くらい差を
つけられて負けていたものです。

体格、パワー、技術では劣っていても、良き指導者の元、日々真摯に鍛錬し、スピード、スタミナ
に磨きをかけ、気迫と相手の弱点を研究し頭を使ったプレーで歴史を変えてくれました゚(゚´Д`゚)゚
日本代表にはぜひサモア、アメリカを撃破してもらい、決勝トーナメント出場を果たして
もらいたいと思います。また母校のラガーマンも憧れの花園ラグビー場で悔いのないよう、
自分達の持てる力をしっかり発揮して頑張ってほしいと思います。

かなり前置きが長くなってしまいましたが(^^; 、本日は10年前に当院に来院され、
その後5年間来院がなく、平成23年、歯根破折を起こして来院されたTさん(50才代後半)
のお話をさせていただきます。Tさんは今回すべて歯根破折が原因で、計3.5本が抜歯と
なってしまいました。

平成23年再初診時
              
            平成23年再初診時レントゲン写真(矢印が歯根破折を起こしていた歯)

今回歯根破折を起こした小臼歯(3本)と下顎第一大臼歯の近心根(2根のうちの1根、0.5本)は
いずれも歯根破折のリスクが高い部位であり、Tさんの場合はそれに加えてもともとの噛み合わせの
関係で、犬歯ガイドがなく(歯を噛んだ状態から横に動かした時に犬歯で噛まない状態)、小臼歯に
負担がかかりやすかったことが歯根破折の原因となりました。

今なら、i-TFCファイバーコア(保険外治療)をもっと積極的にご提案したと思います(矯正治療は
はなから希望されませんでした)。ちなみにi-TFCファイバーコアは当院に導入してから5年経っており、
これまで何百本と難しい歯に入れていますが、今のところ歯根破折や脱離のトラブルは1ケースも
ありません

10年前、Tさんはすべて保険診療での治療を希望されましたので、私も保険でできる精一杯の
治療を行って治療終了としました(10年前の上は初診時、下は治療終了時のレントゲン写真)。

 初診時

                         10年前の初診時レントゲン写真

治療終了時
                                 
                             同治療終了時

赤矢印の小臼歯(今回歯根破折を起こした歯の一つ)は噛み合せの面に白い詰め物がされただけ
になっており、1歯前の犬歯部に歯がない(犬歯ガイドがない)ことと相俟って、同部に楔の咬合力が
かかり歯根破折を起こすリスクを説明し、部分的に被せる治療を勧めたのですが、Tさんは削ることに
抵抗があったのか治療を受けたがらず、結局この歯だけは治療をしませんでした。

ところでTさんの場合、インプラントのご提案を承諾されたため、破折歯の接着保存治療は行って
いません。歯が割れた大きな原因が前述したように犬歯ガイドがない噛み合わせにあり、
割れた歯を仮にうまく残せたとしても、今後もその歯に負担がかかる状況を大きく変えることが
できません。そのため強固なインプラントで対応することにしました。

但し、強固なインプラントと噛み合う歯が失活(神経を取っている)歯である場合は、噛み合う歯の
歯根破折に注意しなければなりません。そのためできるだけ特定の弱い歯に負担がかからないよう、
噛み合せのバランスには細心の注意を払い、冠、ブリッジを作製しました。

またCT撮影を行ったところ、インプラント埋入部位は3箇所とも骨のボリュームが思った以上に
足りず、結局すべてGBR単独で骨造成を行った後、インプラント埋入となりました。

埋入後3年が経過した現在の状態です。
上の左右のインプラントは、隣接する失活歯にできるだけ負担がかからないよう、インプラントでガイド
させるようにしました(前歯部は切端咬合に近く十分ガイドしていません)。

3年経過した現在のインプラントの状態

                     3年経過したインプラント部のレントゲン写真

現在メインテナンス治療を継続中ですが、Tさんは今回のインプラントを機会にタバコをやめられ
ました。インプラントの予後にとって良いのみならず、全身の健康にとっても非常に良いことですが、
よく決断、実行されたと思います 

唯一の心配は夜間の歯ぎしりが少しあると思われることで、ナイトガードの装着をお勧めしている
のですが、今のところは使用を拒んでおられます(^^;。
しかしながら禁煙と同様、本当に自分の歯、インプラントを守るために必要だと思えば、
装着していただけると思っていますので、今後も長く良好にお付き合いをさせていただく中で、
粘り強く対応していけたら(笑) と考えています。
Tさん、よろしくお願いします(^_-)-☆


スポンサーサイト
2014.01.26

インプラント治療に矯正治療を併用したケース(Part1)

 例年になく降雪量の多い日が続く今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
なえぼ駅前歯科の大村です。さて今年のブログ第一話は、インプラント治療に矯正治療を
併用した患者Iさんのお話をさせていただきます。
今年もなえぼ ほのぼのブログ、よろしくお付き合い下さい。

振り返ってみますと、これまで一度もインプラント治療の紹介はしていなかったようで、
ブログでは初登場ですが、今年はいろいろなインプラント治療例をアップしたいと思います。

私の場合、まずは重度歯周病罹患歯の再生療法や破折歯の接着再植法など、できるだけ
歯を残す治療や歯牙移植によるご自分の歯を有効に活用する治療をご提案することが
多いのですが、本日ご紹介するケースはさすがに保存治療は困難で、インプラント治療を
ご提案したケースです。

冬の富士
             冬の富士

 歯を喪失してしまうにはそれなりの理由があります。
例えば、ある特定の部位、歯の詰め物が取れやすい、冠が脱離する、歯が割れてしまうなど。
これらのトラブルは、単に治療技術の問題だけではないことも多く、この原因をしっかり
分析し対策を講じないと、結果、トラブルの連鎖から更なる歯の喪失を起こしてしまう
ことになります。

その原因はさまざまですが、一つは本ケースのように上下の歯並びの悪さや噛み合わせの
不具合があげられます。即ち、すべての歯にバランス良く噛む力がかからず、
ある特定の歯に大きな負担がかかってしまっているケースです。
本日お話させていただく患者 I さんは、この歯並びの悪さ、噛み合わせの不具合が
歯の喪失に大きく関与していました。
そのためインプラント治療と並行して矯正治療も行っています。
 
 患者 I さんは今から14年前、当院に来院されました。
主訴は右上前歯の冠が脱離したとのことでした。
歯根が短く保存は困難と思われたのですが、何とか残せないかとのご希望があり、
矯正治療にて歯を引っ張った(矯正的挺出)後、冠を被せました

初診時、矯正的挺出中
矯正的挺出中の当該歯

非常に短い根であったため、定期的な噛み合わせ(咬合)のチェックと調整は
必須とお伝えし、しばらくは定期的に来院されていたのですが、
その後来院が途絶えてしまい 平成22年、5年ぶりに再び冠脱離で来院されました。
来院された際には、咬合調整してあった冠は、下の前歯に大きく突き上げられる状態に
なってしまっており、調整後、一旦は I さんのご希望通り付け直したのですが、

初診から11年後、抜歯前
抜歯前の当該歯

再来時にすでにひびが入っていたため短期間で再度脱落し、現状を再度お伝えしたところ
インプラントでの治療をご希望されました。

抜歯後の冠と歯
抜歯した歯と冠

非常に短い歯根であり、5年間メインテナンスにも来院されていませんでしたが
11年間保存、維持することができました。

インプラントオペ時

インプラントオペ終了時の写真です。埋入部位の骨を拡げながらできるだけご自分の
骨を温存しつつ、GBRによる骨の再生処置も併用しました。
歯のないところの向かって左側の下の前歯が歯列不正により、前に出ているのがわかると
思います。この歯によって突き上げられた噛み合せになっていたことが、結局この歯と
噛み合っている上の前歯を失う原因となりました。

オペ2週間後、抜糸時

オペ後2週間、抜糸時の状態です。
歯ぐきはきれいに治癒しているのがわかると思います。

ブラケット装着時

ここから上下の矯正治療を行いました。

オペ後 7ヶ月
 埋入後7ヶ月

セラミック 装着後
インプラントにセラミックが装着された状態

セラミック装着時の写真ですが、歯列不正を改善したことにより、下顎前歯の歯ぐきの
ラインが術前に比べるときれいに揃っていることがわかると思います。
矯正治療を行うことで、以前のようにインプラントのところにだけ噛む力が集中する
ことなく、全体にバランス良く噛むことができるようになっています。

保険診療では両隣のきれいな前歯を削って被せるブリッジの治療しかできません。
また下の前歯の歯列不正がそのまま放置されますので、今度は装着されたブリッジに
トラブルを生じ、長期的には冒頭で述べたトラブルの連鎖から更なる歯の喪失を起こして
しまうことが想像されます。

I さんはまだまだお若く、これから50年くらいご自分の歯を大切にして長く付き合って
いかなければなりません。インプラントはご自分の歯と同様、あるいはそれ以上に
メインテナンスが非常に大切です。今後も末永く当院にメインテナンス来院され、
ご自分の歯もインプラントも大切にケアしていただきたいと思います 







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。